シニアライフを応援します! 最新の活きた情報の提供を行っていきます。知っているから、実行へ。様々な専門分野のプロとの橋渡しを行います。

浜松市ー孫の手サービス株式会社

RSS

にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

↑「読んだよ。ポチッ!」として頂けると嬉しいです(^^)/

シニアライフ

認知的不協和 自分は大丈夫!

更新日:

「認知的不協和」
あまり聞きなれない言葉かもしれません。

防災等では良く聞かれる言葉です。

ある一定の周期で大地震が来る。
木造住宅で耐震化は必須である。
建物だけでなく、家具などの倒壊防止も重要である。

誰しも、認識していることですね。

このように、しっかり認識していることであっても、
自分は大丈夫!という気持ちになってしまう。
または、まだ大丈夫。

防災関連の製品の問い合わせも同様です。

例えば、今年の台風24号による大規模停電。
まだ、記憶に新しいところです。

その停電の最中や、直後は、
非常電源需要もかなり多くありましたが、
2か月程度経過し、
まだ完全に屋根の修復も完了していないのですが、
如何でしょうか?

非常用として、どこまでやる必要があるか?
と考え出した時点で、多分保留になったと思います。

 

認定的不協和

これを、シニアライフで考えてみます。

例えば、

特に老後のことは色々心配だが・・・自分だけは大丈夫!

まだまだ先のこと、落ち着いたら考える。(気持ちはいつでも20代30代)
親も元気だ、自分のことは自分でやれる。(いつまでも親は親)
今は、仕事や子どもことで忙しい!(まず優先は子どもの事)
自分自身の定年後・老後はイメージできない!(若い者には負けない)

 

今日、クルマを運転していて思ったことがあります。

今日は、そこそこ遠出をする予定でした。
でも、残念ながら昨日と今朝、
余裕が無くクルマの給油ができませんでした。

途中、土地勘が無いため、
どこにガソリンスタンドがあるか分かりません。

燃料計の警告ランプも点灯し、
残りの走行距離目安もどんどん少なくなってきます。

完全に余裕がありません。
こうなると、給油のこと以外は考えられず、
いつ止まるかと冷や冷やものです。
かなりストレスを感じました。

ここから、老後資金を連想しました。

2か月に1回、振り込まれる年金。

偶数月の15日に、待ちかねたように
金融機関に行く高齢者。

ガソリンとは違いますが、
残金と日常生活。

 

多少の余裕が欲しいですね。

 

-シニアライフ
-, , ,

Copyright© 浜松市ー孫の手サービス株式会社 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.