シニアライフを応援します! 最新の活きた情報の提供を行っていきます。知っているから、実行へ。様々な専門分野のプロとの橋渡しを行います。

浜松市ー孫の手サービス株式会社

RSS

にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

↑「読んだよ。ポチッ!」として頂けると嬉しいです(^^)/

シニアライフ 時事情報

映画「こんな夜更けにバナナかよ」 医者の言う命って何なんだ!

投稿日:

映画「こんな夜更けにバナナかよ」を観てきました。

選択肢としては、
・クリード 炎の宿敵
・ボヘミアン・ラプソディ
・アリー/スター誕生
・こんな夜更けにバナナかよ
でした。

このチョイスは、以前、筋ジストロフィーを患う方のお話を聞く機会がありましたので、興味があったこと、あとは配役からでしょうか。

色々思うことはありました。
障がい者本人は元より、その障がい者を持つ子どもを思う親の気持ち。
何故、あれだけ我が儘放題にしていて、ボランティアで協力してもらえるのか。

筋ジストロフィーは、症状が進行していくと、人の助け無しでは、生活どころか、生きていけない訳です。

要領が良い学生が、早々に愛想をつかしていく一方、最初違和感を感じていて、徐々にボランティア活動に惹かれていく人。

 

特に「医者の言う命って何なんだ!」の一言が考えさせられました。

言葉も発せられない状態になり、天井を見つめる状態になって生き続ける。

 

医療技術の進歩により、平均寿命が100歳になっても驚かないかもしれません。
が・・・

 

これは、将来考えなくてはいけないことが起こり得ることかもしれません。

もし、重篤な病気等になった場合、
・どこで最期を迎えたいか。
・病名・余命の告知を知りたいか。
・終末期医療を行うか。
・苦痛の緩和のための治療を行うか。
・植物人間になったときに延命治療か尊厳死か。
等々

遺される家族の想いもありますが、まず本人の意思はどうなのかが大切です。普段から話題にできるような内容ではないかもしれませんが、意思表示できない状態になる前に、このような映画を観た後には話題にできるかもしれませんね。

このような意思を、終活ノート(エンディングノート)に書いておくというのも良いのではないでしょうか。

 

-シニアライフ, 時事情報
-, , , , , , ,

Copyright© 浜松市ー孫の手サービス株式会社 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.