シニアライフを応援します! 最新の活きた情報の提供を行っていきます。知っているから、実行へ。様々な専門分野のプロとの橋渡しを行います。

浜松市ー孫の手サービス株式会社

RSS

にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

↑「読んだよ。ポチッ!」として頂けると嬉しいです(^^)/

マネープラン 年金

50代 将来、年金だけでは生活できない?

投稿日:

先月5月の22日以降、
年金に関しての話題が賑やかになってきました。

今朝の新聞にも、
「人生100年時代」
「年金頼み限界」
「夫婦で95歳まで 2000万円蓄え必要」
と上がっていました。

 

年金に関して
少し興味のあった人にとっては、
最早当たり前の情報ではあるのですが、
ネット上では、多くの反響がありました。

 

高齢社会における資産形成・管理

昨日6月3日に
金融庁が次の公表を行いました。

金融審議会 「市場ワーキング・グループ」報告書 の公表について

報告書として、
「高齢社会における資産形成・管理」
が公表されました。

・長寿化に伴い、資産寿命を延ばすことが必要
・ライフスタイルが多様化し個々で異なる
・ 生活水準の見直しも必要
・認知・判断能力低下は誰でもなり得る

 

要するに、

長寿化によって、
老後資金が年金だけだと
不足する可能性があります。

収支状況・蓄えやライフスタイル
によって個々に変わってきます。

現役世代は、資産形成の検討
定年前後の人は、資産管理
しっかりとしていきましょう。

過不足は個々によります。
しっかりと自助の備えを。

 

ということ。

 

資産形成の一例として、
保有住宅資産の有効活用
NISAや iDeCo等を
上げています。

資産形成

 

 

 

 

 

 

 

 

結局、私はどうなるの?

超高齢社会
少子高齢化
と言われる現在の日本では、
現役世代がその全てを
支えるのは厳しいということは
誰しも理解できると思います。

 

「私も、不足する!」

と思う方もいるかもしれません。

「私は、どれ位不足するのか💦」

と不安がる方もいるかもしれません。

 

実際どうなのかは、
統計上の全体の話では誰にも分かりません。

今回の報告資料にも明記されていますが、
個々の状況によって大きく変わります。

 

いたずらに不安がるのではなく、
しっかり、自分自身を確認することから
始めて行きませんか。

 

対策等が目につき
飛びつきたくなるかもしれませんが、

判断・対策前にまずは、

➀情報収集

国の制度を理解し、
自分が使えるものを
しっかりと理解する。

 

②自分自身の現状確認

収支・財産などを整理する。

生命保険、不動産や
住宅ローン・教育ローン等
もお忘れなく。

 

公的年金も何歳から幾ら支給されるか。
50歳代であれば、ねんきん定期便
見込み額が記載されていますね。

今での年金加入状況によって
老齢基礎年金、老齢厚生年金の額が
異なってきます。

 

所得税・住民税などの税金
社会保険料も無視できません。

 

当社ダウンロードサイトにある
各資料をご活用下さい。

Excelで作成しておくと、
見直し時に便利だと思います。

 

相続対策の検討にも
ご活用可能だと思います。

 

-マネープラン, 年金
-, , , , ,

Copyright© 浜松市ー孫の手サービス株式会社 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.