シニアライフを応援します! 最新の活きた情報の提供を行っていきます。知っているから、実行へ。様々な専門分野のプロとの橋渡しを行います。

浜松市ー孫の手サービス株式会社

RSS

にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

↑「読んだよ。ポチッ!」として頂けると嬉しいです(^^)/

年金

加給年金とは?年金の家族手当のようなもの

投稿日:

会社員や公務員の場合、
基本給以外に家族手当がつくケースも
あると思います。

 

年金にも無いのか?

あります!

一定の要件の元、支給される
「加給年金」がこれに当たります。

定年後のスローライフ

 

厚生年金保険の被保険者期間が
20年以上ある方が、65歳到達時点
(または定額部分支給開始年齢に到達した時点)で、
その方に生計を維持されている下記に該当する
配偶者または子がいるときに加算されます。

その時点で20年以上になっていなくても、
20年以上となった時点で
要件に合致すれ加算となります。

 

 

加給年金対象者

1.65歳未満の配偶者

2.18歳到達年度の末日までの間の子
(18歳になった最初の3月31日)
または1級・2級の障害の状態にある20歳未満の子

 

配偶者が65歳になることで
老齢基礎年金の受給ができるようになります。
これにより配偶者の加給年金は加算が無くなり
配偶者の老齢基礎年金に
振替加算という形で支給されます。

 

 

加給額

令和元年度価格で、

1.配偶者 224,500円(+特別加算額)

2.子(第1子、第2子)各224,500円

3.子(第3子以降)各74,800円

 

特別加算額は、
受給を受ける人の誕生日が
昭和18年4月2日以降の場合、
165,000円

ということは、
現在60歳未満の方は
配偶者が加給年金の対象であれば、
224,500円+165,000円=389,500円
ということになります。

 

繰り上げ、繰り下げ受給

■繰り上げ受給
老齢厚生年金の繰り上げ受給をした場合でも、
本来の65歳になるまでは
加給年金の加算はありません。

※繰り上げは、基礎年金も同時に繰り上げ

 

■繰り下げ受給
老齢厚生年金の繰り下げをした場合、
その期間、加給年金は支給されません。
また、繰り下げによる増額もありません。

※繰り下げは、基礎年金と厚生年金で
別々に行うことが可能です。

 

-年金
-, ,

Copyright© 浜松市ー孫の手サービス株式会社 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.